小宮山製菓 「クリームパピロ」「サラバンド」は人気

アイキャッチ画像 信州の銘菓

 

【信州安曇野発】穂高病院の隣(裏)で営業をされている小宮山製菓さんの「クリームパピロ」の紹介です。

小宮山製菓
小宮山製菓

小宮山製菓さん の主力製品の「サラバンド」の名前はスペインの17世紀ごろに流行した舞踊曲からとったものだそうです。昭和45年7月の発売です。

「クリームパピロ」は昭和の41年に製造販売開始

こちらの「クリームパピロ」昭和41年12月の発売で、同社の 「サラバンド」 よりも3年半早く発売されました。

昭和40年代というとノスタルジックな空気を感じますね。そんな昔はどんな感じだったのでしょうか。

この「クリームパピロ」は焼き菓子ですが、 小宮山製菓さん によると小麦粉せんべいだという説明です。小麦粉が原料ですが、せんべいです。

個別包装になっていて、封を開けると焼き菓子の香りがします。

丸く丸められた生地の中にバニラ風味のクリームが詰め込まれています。

このお菓子の製造が後の「サラバンド」の下地を作ったことになります。

クリームパピーロパッケージ表
クリームパピーロパッケージ表
安曇野欧風せんべい
安曇野欧風せんべい

安曇野欧風せんべい。サラバンドのような生地の硬さはありません。

クリームパピーロパッケージ裏側
パッケージ裏側

パッケージ裏側 。白い板紙が入っています。裏から見ると白く見えるのはそのためです。

クリームパピーロ中身
クリームパピーロ中身

クリームパピーロ商品情報

品名クリームパピロ
名称焼菓子
内容量12本
製造者株式会社小宮山製菓
〒399-8303
長野県安曇野市穂高6032
お問合せ0263-82-2468
サイトhttp://komiyamaseika.com/

サラバンドは人気

【信州安曇野発】これはうまい!止まらない。

欧風せんべい「サラバンド」をご紹介します。

サラバンドパッケージ表側
サラバンドパッケージ表側



昭和24年創業の小宮山製菓さんが製造販売しています。

クッキーのように見えますが、せんべいだということです。

小宮山製菓の欧風せんべい

欧風せんべいと私たちは呼んでいます。菓子の分類上は焼き菓子ですが、クッキー、ビスケットとはちょっと違います。え!これがせんべい?と思われるかも知れませんが小麦粉を原料にした煎餅です。小麦粉、砂糖、卵などの厳選された原料を北アルプスの清水で練り上げました。練った生地でせんべいを焼き, 焼き上がったせんべいにクリームをサンドして、私たちは『欧風せんべい』と名づけました。               同社ホームページより

個包装を破ると焼けたにおいがします。

サラバンドパッケージ裏側

硬い板状の間にホワイトクリームがはさんであります。



食べ始めたら癖になりそうなうまさです。

お土産で人気のあるライチョウの里によく似ています。

サラバンド中味

サラバンド商品情報

品名サラバンド
名称焼菓子
内容量12本
製造者株式会社小宮山製菓
〒399-8303
長野県安曇野市穂高6032
お問合せ0263-82-2468
サイトhttp://komiyamaseika.com/
サラバンド商品情報

ランキング応援してね。


長野県ランキング

信州の銘菓
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風