やきいも買うならここ 地場の郷 

スポンサーリンク

「地場の郷」に入ると、

焼き芋のにおいで充満している


という表現が、ぴったりくるくらい焼き芋のにおいが漂ってきます。


147号線の道沿いにありますが、建物が古い印象。


地場の郷外観

パッとしない感じですが、中に入ると地元の買い物客でにぎわっています。

野菜が中心でパン、果物、卵をはじめとした生鮮食料品、日用品、切り花、お菓子、ハンドメイドの作品など。

かなり広い販売スペース。


入口左右の切り花売り場。

入口の切り花
入口の切り花

店内の様子
店内の様子
店内の様子
店内の様子

奥行きを見ていただくとお分かりのように広いスペースを持った直売所です。

きゃべつとエリンギ、いなりずしパックともう一つ、焼き芋を買ってきました。

どれどれ、どのくらいうまいのか、においだけの肩透かしじゃないのか。


おね~さん?が焼き芋焼機のまえでためらっていますね。1っ個にするか2個にするか、はたまた3個にするか、自制心を失っている模様。かごから出したり戻したり、

こんな大きいの食べたら晩御飯は食べられない


いいんだ!


葛藤している心理が読み取れるほどのためらい


結局全部かごに入れてしまいました。

生きているうちが花なんだぜ!


焼き芋食べ過ぎて失敗したって一日だけのことさ!


僕のブログはもう2年近く鳴かず飛ばず。


この焼いも夏場もやっています。うれしいですね。

食べたいときにいつもあるというのは、最高のサービスです。

秋から冬にかけておいしい季節ですから。


焼き芋べにまさり
焼き芋べにまさり

1個170円


べにはるかべにまさりの2品種が焼けています。


どちらかを選択すればいいのか。


べにはるかはしっとりしていて甘いですね。これは経験済み。


初めて知ったべにまさりは焼き芋に最適の品種とのことです。食べた後での感想、

しっとり甘い。


焼きいも機の写真を写すのを忘れました。どちらも170円。


大きさはわかりずらいかもしれませんが、大きいですね。


においだけでなく味の方もぴか一でした。


この焦げ具合がまたいいですね。


近いうちにまた行ってみようと思っています。


稲荷ずしがうまいです。お寿司屋さんのすしでした。



少しでもお役に立ちましたら、1クリックをお願いします
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


長野県ランキング





農産物直売所放浪記
スポンサーリンク
シェアする
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント