生坂村 南平の阿弥陀堂跡

スポンサーリンク

昨日聖湖で釣り客がどのくらい出ているのか見に行った帰り、生坂村で桜の咲いているのが目立つので、19号を渡ってあちこちぶらぶらしていると、「南平の阿弥陀堂跡」という案内板が出ているのに気づきました。

南平の阿弥陀堂跡
南平の阿弥陀堂跡

もう傾いてそのまま後ろに倒れてしまいそうな案内板でした。

お堂といくつかの石碑の中に窓を開けた石の箱? その中に人物の姿があるのを見ました。

石室


道祖神
道祖神

阿弥陀堂というので観音様がいらっしゃるのかとみましたら、顔立ちは似ていますが、神様がいらっしゃいました。

よく見ると藁で作ったラッパのマーク。見たことがあります。正露丸ではありません。

道祖神の見たことないバージョン。

隣のお堂を開けてみると中は神様でした。

神殿
神殿

お堂だと思ったのは小型の神殿のようでした・・・。

どこから見ても神殿です。




なのに案内板は、阿弥陀堂跡となっています。

分からん・・・・。



お堂と間違えるのもどうかと思うが、ぼけてるなあ。

神社のミニセット。

古民家が多い地区

古民家で解体しているオタクがありました。トラックが何台もいました。

中の家具類を出すために来ているようでした。家具類も古いものが出てくるでしょう。



かと思うと、内部をリフォームしていた古民家もありました。

まだまだ古民家が残っている地区です。


高津屋森林公園のそばでした。

アクセスマップ 高津屋森林公園






少しでもお役に立ちましたら、1クリックをお願いします
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


長野県ランキング





安曇野道祖神・石仏
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント