仁科神明宮

神社・仏閣

仁科神明宮は大町市の社地区の高台にある神社で神明づくりのお社としては、わが国で最も古い国宝で、創祀は、平安時代ではないかとみられています。

山門
参道

コロナの影響か参拝者もちらほら訪れて、静かな参道です。

仁科神明宮境内案内図

神明宮付近案内図

仁科札所24番神明宮跡

廃仏毀釈で廃寺となった仁科札所24番神明寺跡を記す。

三本の杉の木

この幹の太さに驚きです。樹齢700年以上もあるそうです。真ん中の一本は倒れてしまったので根元だけ復元されています。

三本杉の説明書き

遠くからでも目立つ高さです。

お水

コロナ禍で手水舎の柄杓の使用は禁止されています。

手水舎の使用不可お断り書き

身近な生活ばかりではなくお参りするのにも影響が出ています。

おみくじ

おみくじ

社殿に

こちらの階段だけではなく、右わきからも上がれるようにスロープがつけられています。

社殿
社殿案内図
社務所

社務所

お休み処

お休み処。湯茶のサービスがありますが、コロナ禍で使用不可。

お休み処入り口のステンドグラス

お休み処の入り口上にあるステンドグラス。

アマビエ様

コロナ撃退のためアマビエ様がお目見えしました。

アマビエ様で疫病を撃退

高橋貞夫さんの作品。

お面の数々。

お面の数々。上品なお面ですね。

もみじの紅葉

最後の紅葉。

境内内より

愛知県からお見えになったご年配のご夫婦さんもいらっしゃいました。翌日リンゴ狩りをしてお帰りになるそうです。信州のリンゴを楽しみにしていらっしゃる方が多いですね。いい思い出になることを祈っています。

仁科神明宮
〒398-0003 長野県大町市社宮本1159
TEL0261-62–9168

ランキング応援してね。


長野県ランキング

神社・仏閣
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント