静の桜公園 

安曇野観光

奥州に行くはずだったのに聞き間違えて大塩に来てしまった静御前。

伝説が残っている大塩、静の桜公園

静の桜公園

静の桜公園
静の桜公園
ウメモドキ
ウメモドキ

入り口に植えてある木。

ウメモドキ
ウメモドキ

きちんとした木なのにうめもどきという名前で呼ばれている木。

満願寺でも見かけましたが、ここでも目にしました。

教えていただいたのですが、梅の実に似た小さな実がなるそうです。

静の桜(大塩のイヌザクラ)

静の桜案内
静の桜案内

の花が小さいので双眼鏡で見たほうがいいと書いてあります。

桜を見るのにそんなにしてまで。もっと気楽に。見える程度でいいですよ。

つつじ
つつじ
つつじ
つつじ

多少見ごろを過ぎた感じのつつじが咲いています。

静の桜
静の桜

静の桜。老木。

静の桜
静の桜

表から見るのと裏から見るのとでは印象が違います。

必死に耐えています。

大塩のイヌザクラの案内
大塩のイヌザクラの案内
公園の風景
公園の風景

左には、の花。

風景
風景

公園から上を眺めると。

八角絵巻堂 静御前

八角絵巻堂
八角絵巻堂

八角絵巻堂

静の桜伝説
[静の桜伝説]

静の桜伝説」の始まり。

[静の桜伝説]
[静の桜伝説]
[静の桜伝説]
[静の桜伝説]

八面にわたって静御前が鎌倉から奥州に行く模様が描かれています。

水芭蕉

水芭蕉
水芭蕉

水芭蕉の花を楽しめるスポットのはずが、水不足で思うようにならない。

枯れてしまっています。

この「静の桜公園」は、花の名所になる要素のあるところです。

近くで営業されている美麻ベーカリーさんのごまパンです。

ごまの匂いが際立ちます。

ランキング応援してね。


長野県ランキング

安曇野観光
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風