大町山岳博物館

博物館・美術館

日本初の山岳をテーマとする博物館です。

伝えたい山岳文化

信州安曇野の「大町山岳博物館」カモシカ親子像
入り口にカモシカの親子像

入り口にカモシカの親子像が北アルプスを見て立っています。

1Fエレベーターに書いてある絵
1F

エレベーターの扉に絵が描いてあります。登山姿の絵のようです。

3Fの風景
3F

3階は展望台になっています。望遠鏡も据えられており、大町市の街並みを眼下に眺めることができます。


この建物が高いところに建てられているうえに3階ですから眺めのいいことは言うまでもありません。

2Fエレベーターに書いてある絵
3階のエレベーターの絵

3階のエレベーターの絵はカモシカとライチョウの絵です。

2Fの展示品
2階

2階はフォッサマグナ、北アルプスの成り立ちなどのコーナー。化石や岩石の展示が行われています。

2F展示品
2階の展示

2階の展示室は、「山と生きもの」。奥にライチョウの生活史の展示が行われています。

2F剥製の展示品
フクロウ

フクロウが羽を広げたところ。フクロウが羽を広げたところなど見たことがありませんでした。

この2階は、高山に住む生き物のはく製の展示が行われています。

ライチョウの天敵イヌワシのはく製
ライチョウの天敵

ライチョウの天敵ワシです。足の爪を見ると怖いですね。

ライ鳥について ひなにかえってから

卵から生まれて成鳥になるまでの一年の足取り。

ライチョウのはく製の数々
ライチョウの種類

ライチョウにも大きなものから小型のものまでいろいろあります。

針の木新道の案内
先人が物資を運搬する道を整備

先人の努力により物資を運搬する道を整備することができました。

民具の展示
民具の展示

この博物館は、民具でも保存状態のいいものが展示されています。

昔の登山着
登山装備

恐ろしく粗末な登山装備。驚きです。近代登山に功績のあった人たちの紹介がされています。

西正院の案内

佐々成政のさらさら越えで立山から大町西正院に祀られた大姥尊像。

ヒマラヤ初登頂時の登山服
ヒマラヤ登頂に成功した時の装備

ヒマラヤ登頂に成功した時の装備で酸素ボンベを使っていました。

登山着の変遷
登山着の変遷
登山装備の変遷。

登山装備の変遷。

’21冬 大町山岳博物館下の展望台から北アルプスを眺める

北アルプス案内

山の名前が書かれていますが、はっきり分かりません。

蓮華岳

蓮華岳。

赤沢岳。

鹿島槍ヶ岳

大町山岳博物館開館情報

住所〒398-0002
長野県大町市大町8056-1
お問合せ0261-22-0211
営業時間9 : 00 ~ 17 : 00
休館日■4〜6月・9〜3月の毎週月曜日、国民の祝日・振替休日の翌日
       (ただし、月曜日が祝日・休日の場合は開館し、翌日休館)
■年末年始(12月29日〜1月3日)
        なお、7・8月は無休です。
サイト 大町山岳博物館
大町山岳博物館開館情報

アクセス

ランキング応援してね。


長野県ランキング

博物館・美術館
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント