小谷村郷土館

博物館・美術館
小谷村郷土館前の風景

小谷村郷土館の前の通り

小谷村郷土館の前の通り。

小谷観光案内版
小谷観光案内版

小谷観光案内版。

かやぶき屋根の建物。

小谷村郷土館外観

入り口の一番近いところに

日本最古の恐竜足跡化石が

展示されています。

恐竜は特殊撮影で出てくるものを

想像していましたが、

化石として残されているとなると

どんな姿をしていたのか気になるところです。

恐竜化石
恐竜足跡化石

恐竜の足跡の化石が残されていることがわかりました。

化石足跡レプリカ
足跡

上のほうに3本指の形で残されています。

そんなに大きい印象は持ちませんが、

どのくらいだったのでしょうか。

民芸品とおばあさんの人形。
おばあさんの人形

囲炉裏のそばでは、おばあさんが、

一人で作業をしています。

録音されたおばあさんの声が

しゃべります。



雪深い小谷では冬の寒さを

しのぐのがとてもむずかしいと

いっています。

地蔵峠のお地蔵さんの首がないのは、

牛方が牛をつなぐのにお地蔵さんの首にかけて

その際何の拍子か牛が暴れて

綱を引っ張ったので首が

取れたとも言っています。

現代人の私ですら困難だった

昔の山里の暮らしの厳しかった様子が

わかります。

囲炉裏の前のおばあさん
働き者のおばあさん

この地方の郷土資料館では

この囲炉裏を囲む人形が

一緒に飾られていますが、

このおばあさんの人形は、

顔の表情からしてその暮らしぶりの

大変さがうかがい知ることができます。


小谷の伝統技術ぼろ織りの機械
ぼろ織り

ぼろ織りという伝統工芸に

使用するはた織り機。

昔の使わなくなった着物を

細かく切り裂いて再生する作業。

リサイクルのさきがけみたいですね。

今は、どんなにいい着物でも

二束三文に扱われている時代ですので、

この技術の習得は

メリットが大きいですね。

ひな人形
ひな人形

ひな人形が、展示されています。

体の弱い子供を元気な子に育てるための着物

小谷村の風習の一つ。

体の弱い子供を丈夫に育てるため、

百人の人から端切れをもらい、

それを縫って着せた。

古い時代のスーツ
イラクサで作られた晴れ着
大糸タイムズの記事

イラクサというものがわからないし

麻も最近になってそういうものが

あることがわかってきたぐらいの知識です。

民芸品
作業用道具

様々な作業用道具、生活用具の展示が行われています。

牛や馬の供養について

牛や馬の供養のために建てられた供養塔の拓本

拓本 の数々

小谷村にある石碑の拓本の数々。

一緒に行動していた牛や馬の霊を慰める。


〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙6747

開館時間 9:00~16:30
休館日  火曜・祝祭日の翌日
     冬期休館:12月初旬~4月下旬  

関連ページ
小谷村 牛方宿
小谷千国番所 千国の庄史料館

ランキング応援してね。


長野県ランキング

博物館・美術館
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント