大町駅構内 「さらさら越えした大姥さま」

雑記

さらさら越えした大姥さまの展示
人形

夏だというのに冬の山越え さらさら越え。ここだけやたら涼しい。
戦国時代に武将佐々成政が、厳冬期の北アルプスを富山側から長野側に越えたとされる話をモチーフに作られたもの。

大姥様にひれ伏す従者
佐々成正の北アルプスさらさら越えの記事の掲示
製作者松本武子さんのプロフィール

もんぺの会 紙粘土人形作家の松本武子さんが製作 したものです。

雪の穴に鎮座する大姥さまの像
大姥
祈る従者の正面図

写真の向こう側に車両が映っていますが、駅構内の展示だからです。

鎌倉の中に鎮座する大姥様と従者

立山黒部の冬山を越えたということがすごいことですね。その様子を想像して復元したものです。

R信濃大町駅の第2待合所には 季節ごとに展示されているということです。

ランキング応援してね。


長野県ランキング

雑記
スポンサーリンク
tumujiをフォローする
信州安曇野の風

コメント